記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豊田市美山小学区】の奇跡  秀たる日本の職人技

職人技 

一言に不動産業といっても様々な仕事がある。

不動産を売るのも勿論。
物件の調査をするのも勿論だが
販売の依頼を頂いた物件の現地に『売り出している感』を作るのも私たちの仕事だ。

わかりやすく言うと、現地に看板を立て、好評分譲中の幟(はた)を設置する事だ。

この度売り出しになった【田中町4丁目全6区画】だが、この物件も同様。
現地に売り出している感を出すために看板・幟を設置する。

が、幟を地面にたてるための杭が一向に刺さらない。地盤の固さが異常といっても過言ではない。
全く持って歯が立たないのだ。

遠目で物件全体を見回してみるとただの土地が住宅用地へと変貌を遂げるまでには
様々な職人技が必要不可欠である事に気が付いた。

コンクリートブロック職人。
境界を定める杭職人。
本物件には適用しないが、建物の解体職人。

そして、住宅を建てる用地にするために地盤を固める地固め職人だ。

技術の日本。
日本の技術力。
各々の職人のプライドがひとつの現場でひしめき合う。
 
私もこの職業についてからは決して短いとはもう言えない。
幟たて職人としてのプライドを真正面から現場にぶつけてみた。

どんな現場にも幟を建ててきた幟たて職人
VS
一切の異物を受け付けない強靭な地盤を作る地固め職人

勝敗は私の負け。

秀たる日本の技術力にただただ脱帽、
潔く負けを認め、それから重たい幟の土台を取りに帰るのでした。
田中町4丁目


ホームぺージにて物件情報公開中!!



サラリーマン ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。