記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【岡崎市】謎の人気メニュー★とん珍飯★を食す

248を岡崎方面に南下していくと
知る人ぞ知るランチ人気店がある。

仕事の都合上よく248を利用して豊田⇔岡崎を行き来するのだが、
これまで一度もその店には入店することはなかった。

お店の外観の一元様お断り感とまではいかないにしても明らかな隠れ家感と、
固定客(リピーター)で回ってる感をどうしても感じてしまう。
tonchinkan.jpg 【らーめんハウスとん珍館】

なかなか、近く通ったから行ってみようかな??というポップな佇まいの店じゃない。
そう決め込んでいた。

この度会社の先輩に同行する形でランチに寄る事になった。

店内は予想通り、カウンターの向こう側に店主たちが丸見えの状態で
年季の入ったキッチンにてもくもくと作業をしている。

基本的にはラーメン屋のようだが、リピート客が食いついているのはどうやら
【とん珍飯】なるメニューのようだ。

私も郷に入らんば郷に従えという事でとん珍飯を注文。
商品名から予想するに豚肉を使った丼物だろうと思っていた。

が、しかし目の前に運ばれてきたものは。。
tonchinkan2.jpg 濃い味の卵丼の上にとりのから揚げがドカンと乗せられた丼が。
そしてなんでここに?とこちらを向いている。福神漬けさん。

いや、『とん(豚)』どこ行った?
とも思ったが、とりあえず喰らう。

鶏肉のから揚げは薄味の仕立て。その代わりごはんが止まらなくなるような卵丼の味の濃さ。
バランスが良いと言えばよいが、から揚げ好きの私としてはから揚げの部分にもう少し工夫が欲しいところだった。

全体的に見れば良作だが、ターゲット層は明らかに肉体労働の強者たちに絞りこまれている感じだ。
とにかく卵丼は絶品であった。

さてと、次はどの隠れ家を掘り返してやろうか??

終了






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。